kim-yh’s diary(学問のふくろう)

研究や、日々の思考を文字化しています。

中国語随想:「遗臭万年」から歴史問題への向き合い方を比較してみる

遗臭万年:死后留下的恶名。死后恶名一直流传,永远被人唾骂。の意味である。

国史の中で「民族英雄」、「忠義之臣」、「救国英雄」として最も尊敬される人物が南宋岳飛である。それに比べて秦檜は岳飛を謀殺・平民へ落とすなどし、金との講和を進め和議を結ぶなどして、売国奴の代名詞として蔑まれた。

さて、当時秦檜の考えていた和平が間違っていたかどうかは別として、視点を変えて考えてみれば、もしかしたら「偏狭」な愛国心ともとらえる岳飛の主張通り、金との全面戦争になれば、南宋の滅亡はもっと早かったことになったこともあり得る。結局は金も南宋も異民族であったモンゴル(元)に滅ぼされてしまうが、結果はそうだとしても、岳飛がもし内部闘争で勝ったら、それでも歴史の流れは変わっていたかもしれない。

ここでは当時の政治についての評価よりも、岳飛と秦檜への評価にある。岳飛廟の前に跪いている秦檜夫婦像に訪れた人々が奸臣と唾を吐きかける習慣が最近まであり、人の死後にまで罰をあたえようとする中国人の考えは、「死ねば罪は消えてなくなり、皆仏になる」と考える日本人とは随分異なることが分かる。不祥事を起こした政治家や芸能人もそのポストや役をやめることで「容赦」とういか、「償い」できたという考えがどうも日本人の中にはあるらしい。靖国神社への参拝への意見が国ごとに分かれるのもこの発想から考えてみれば理解しやすい。

中国や韓国は歴史問題をとやかく言っているが、良い、悪いという問題ではなくこうして視点を変えて、宗教感、文化の違いから考えれば、相互の国民の感情が理解しやすくなり、お互いの摩擦も少なくなってき、疎通がより円滑になってくるのではと考える。「死ねば罪は消える」という考えは日本特有の考え方かもしれない。