kim-yh’s diary(学問のふくろう)

研究や、日々の思考を文字化しています。

講義内容「「経済の発展と政治のアンバランス及び格差問題」

中国政府が共産党の一党体制を今後どれぐらい維持できるか、キーワードの一つとなるのが格差問題の是正にある。都市と農村の格差、内陸と沿海地域の格差、少数民族との格差である。本日の講義ではその中でも都市と農村の格差について語りたい。

 

1.都市と農村の格差(中国農民はなぜ貧しいか?→現代流民、即ち農民工の大量の移動、留守児童、流動児童の根本的な原因となる農村の貧困問題)

 

中国は「農民国家」である。かつて農民の力を借りて政権を手にいれた共産党政権は「農民大国」の限界に突き当たっている。現在も総人口14億のなか、9億が農村人口、5億が都市人口である。

 

①中国の戸籍制度

まず、中国の戸籍制度から理解する必要がある。中国の戸籍は都市戸籍農村戸籍に別れている。これは1949年中華人民共和国の成立以来導入された制度で、中国の戸籍(戸口)制度の最大の特徴は住民の管理と、都市と農村の人口移動、とくに農村から都市への流入を厳しく制限することにある。戸席登記条例第一〇条二は「公民が農村から都市に移転するときは、必ず都市労働部門の採用証明、学校の合格証明または都市戸籍登録機関の転入許可証明を持参し、常住地の戸籍登記機関に転出手続きを申請しなければならない」と定めているから、農民による都市部への移住は、都市での就職・大学入学や軍への入隊など以外に原則的に不可能である。

こうした戸籍制度による統制によって、中国では農村と都市という二つの異なった世界が人為的に作り出されている。経済的格差はもとより、福祉や公共サービスなどの面においても都市と農村のあいだに大きな格差が設けられてきた。とくに計画経済時代においては、国有企業労働者・幹部・知識人などを主体とする都市住民は給与や定年後の年金を保障され、医療・教育・育児などの手厚い杜会保障を与えられてきたのに対し、農民にはそれらの保障がわずかしかなかった。戸籍制度の実施によって中国国民は特権を享受する都市住民と犠牲を強いられる農村住民という二大階層に分けられてきたといえる。胡鞍鋼博士が本書の「序文」において指摘している「一つの中国に二つの社会制度」とは、まさにこのような状況を的確に表す国情分析である。

 

 

②経済発展と格差

 

では、戸籍制度があるから農村地域が貧しいか、などといっているようでは問題の本質を見失う。根本的な原因は経済発展にある。開発途上国において経済が発展するということは、農業主体の社会から工業やサービスが主体の社会に変わることを意味する。経済発展に伴い農業部門が発展するなどということはありえない。確かに農業も少し成長する。だが、その速度は非農業部門に比べたとき圧倒的に遅い。従って、経済発展が始まると農業部門と日農業部門の格差が急速に広がる。このことは日本でも生じた。経済発展に伴い農民が貧困化した。前から戦戦後の高度成長期(1970年代まで)に顕著となり、主に東北地方や北陸・信越地方などの寒冷地方の農民が、冬季などの農閑期に首都圏をはじめとする都市部の建設現場などに働き口を求めて出稼ぎに行くことが多かった。出稼労働者の所得確保の一方で、高度成長に伴う旺盛な需要により労働者不足に悩む都市部への重要な供給源となった。ただ、日本は都市で稼いだお金を地方交付税として農村に回し、また農業に対して多額の補助金を支払い、かつ無駄な公共事業を地方でたくさん行うことによって農村部にお金を落とし続けてきた。その結果、格差が許容できないほどにまで広がることはなかった。しかし、それほど多額のお金を回しても、農村が豊かになることはなかった。しかし、それほど多額のお金を回しても、農村が豊かになることがなかった。それが地方の疲弊の根本原因である。

さらに、1978年に「開放改革」路線に転じると急速な成長をはじめた。しかい、その家庭で日本のように都市が稼いだお金を農民に配ることはなかった。奇跡な成長は、国民の大多数を占める農民を切り捨てることによって成り立っていた。その結果、農業では食べていけなくなった。移動制限のある戸籍制度があるにもかかわらず、農村の若者が職を求めて都市に流入している。これが「現代流民」である。

 

 

③大量の国内移動:農民工

 

現在、実際中国の都市人口は6億7000千万人とされるが、その中の約2億人以上は都市に住みながらも農民戸籍のままである。改革・開放政策のもとで人口の移動が激しくなるのにしたがって、戸籍制度による管理が徐々に困難となってきた。とくに急速な産業化によって、都市や経済特別区などでの労働力需要に応じて数千万人の農村剰余労働力が集団的に都市部に流入しはじめた。都市部も大量の安い労働力を必要としているから、その流入を認めざるをえない。彼らの一部に都市戸籍を与えたり、就労のための臨時戸籍を設けたりする場合もあるが、戸籍を与えられぬまま都市に定住して働く者が圧倒的に多い。しかしながら、戸籍を持たないまま都市に定住していると、彼らは医療や子供の教育などの面で、都市住民の享受できる公共サービスから排除されるだけでなく、就職・賃金・労働条件などの面でも差別を受けやすい弱い立場に立たされる。このような排除と差別がまた、農村住民の都市移転と都市部での就業を妨げる大きな阻害要因となっているのはいうまでもないことである。

農民の流入により都市は急速に膨張し、それに伴い都市の地価が急騰している。北京や上海では東京よりも不動産が高い。そのためにたとえ戸籍制度がなくとも、農民が一家を挙げて都市に移動することなどではできない。発展があまりにも急であったため、都市と農村の教育水準の平準化が進まなかったことも、格差の是正をいっそう難しくしている。多くの農民は高卒以下の学歴であり、都市に出ても農民工などの単純労働に従事するしかない。農民工の給料は中国政府の賃上げ対策によって現在はつき3万円程度である。しかし、この賃上げは外資系の企業が中国から東南アジアへ移動する原因となっている。コストの上昇によるものだ。

中国の幹部の汚職や腐敗が格差社会を作り出す要因のひとつではあるが、それが根本原因ではない。

膨大な農民人口を抱える国が急速に経済発展し、日本のような手厚い農民保護をしてこなかったことが格差社会を作り出した最大の原因である。

 

 

農民工からの連鎖問題と政治のアンバランス

 

農民工の大量の流入は送出地域と受入地域にも影響を与えた。農民工の出稼ぎは現実上家族の同伴が難しいために、多くの出稼ぎ者たちは子どもを地元に残して夫婦揃って都会に出ることが多い。農村地域には大量の「留守児童」が発生し、残された子どもたちの人権問題、教育問題、生活問題、自殺問題、不登校心理的なケアなど大きく取り上げられ社会的問題として浮上している。一方で、子どもをつれて都会に出ていても戸籍と経済的なことで学校に行けずに工事現場や出稼ぎ者の密集地域で路上で生活する「流動児童」の問題も同時に発生している。現在、留守児童約6千万人、流動児童は焼く4千万人と推定される。これほどの数の出稼ぎ者の子どもたちはまともな教育も受けず学力がないため成長して大人になっても親の出稼ぎの前轍を踏むなど第二、第三の農民工の後備軍となり、出稼ぎが世襲される事態となる。更なる格差、下層の固定化につながるのだ。

 

都会で貧富の格差を目の当たりにした農民工は一つの巨大な集団となって、不満の声も高まっている。中国政府としては何かの導火線さえあれば一触即発の爆弾を抱えているのと同じである。農民工の増加と流入は政治と社会の不安定を招き中国の成長を妨げているのである。実際、中国で何かの暴動が起きたときには後から加担するもののなかにはこうした農民工の出身者がかなり多数参加しているとのことである。

 

政治的な側面からみると、日本が農村にお金を落とすことができたのは、農村表という選挙制度による。農村をバックにした国会議員の活躍によっている。しかし、中国のように農村意見が中央への反映の道が閉ざされている場合は経済成長は国民全体の成長ではなく、一部の人のための裕福さということになってしまう。

経済改革は行っても、制約のある政治改革しか行っていない。多様な民衆の集団の(特に農村地域)相違な利益を吸収し、調整できる政治機構の不在はフィードバックによる民衆の意見を政治に反映できる組織体制が不在であることを意味する。政治と経済のバランスがとれない。その結果、下からの民主化運動による政治改革が起きる。換言すれば歴史上の民衆の蜂起と同じようなもので、政府の立場から言えば暴動ということになる。

すでに中国では流民ネットワークが形成されていて、共産党に対立している「農民党」と呼ばれている。膨大な数を占める彼ら農民たちがかつて共産党が政権を取ったときと同じく、何かの機会に不満のはけ口として政府に的を向け暴動を起こし、共産党態勢が崩れるというシナリオは理論的には十分かのうである。

ただ、実際どうなのかというと中国特有の政治文化の下ではそれは難しいのではと思われる。儒教の文化、家父長の思想の影響したで自ら親を選択きないのと同様、自らリーダーを選択するという発想は今の国民性や意識水準のままでは到底もてないであろう。

 

ただ代歴王朝の盛衰をみていると、今現在の中国共産党政権はどんな形でもかまわないが、民主主義の政治改革を行わない限り、共産党政権が崩れるのは時間の問題であり、現代史の連続だということは間違いない。

 

*イタリアの哲学者クローチェ曰く:「すべての歴史は現代史である」(理解①歴史の繰り返しであり、過去を見て現在の歴史を推定できる。理解②過去の歴史の積み重ねが現在の歴史につながる)

 

参考文献:石平 拓殖大学中国専門家(著書など)

川島博之 「「農民国家」中国の限界格差はもはや是正不可能、政治の不安定化は必死」2013.6.10